代表理事ご挨拶

ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構は、マイナンバーカードの多目的利用を目指して、さまざまな実証実験や研究活動を行ってきました。具体的には電子母子健康情報、画像連携、医療連携、救急時利用、共通診察券、生涯健康管理手帳、歯科情報連携、電子お薬手帳、電子私書箱、個人ポータル、登下校メール、不審者情報、でまんど相乗りタクシー、バス位置情報システム、駐車場満空情報、市民講座受講登録申込システム、図書館利用、銀行カード、インターネットバンキング、リース・信販、等々数多くの分野を対象とし、一定の実証成果・検討成果を修めることができました。
   今年度は、マイナンバー制度実施の年にあたり、マイナンバーカードを活用した(1)全国展開 (2)自立的且継続的運用 を行うことによって社会、地域、国民の各層にマイナンバーカードの ①いつでも ②どこでも ③誰でも ④安心で安全 ⑤便利な、という特色を普遍化し、啓発していこうと考えています。
 そのためには、国の公的個人認証サービスの利用に係る総務大臣の決定を受け、各地方からさまざまなICTの発信ができるようにしなくてはなりません。結果として、消滅が叫ばれる小さな自治体や人口過密な都市でも行政コスト、社会インフラの効率化を図り、人々が生き生きとして活躍し、地方の創生を促せる住みやすく、持続可能な「まちづくり」が実現できればと願っております。

[ マイナンバーカードを活用した今後の目標事項 ]

1、母子健康情報の保存、電子閲覧
2、予防接種情報等、自治体からプッシュ型通知
3、救急時における情報確認
4、医療機関間での検査画像の連携、共有
5、「生涯健康手帳(個人の医療情報)」の電子化、連携
6、歯科情報の活用
7、お薬手帳との連携
8、銀行カードとの連携、研究
9、運輸、交通に関する研究の深化
10、「電子私書箱」を活用したワンストップサービス
などですが、優先順位をつけ、実効性の高いものから取り組んでいく予定です。

皆さまのご理解、ご協力、ご参加を心よりお願い申し上げます。

代表理事 五味典雄